漆喰外壁の10年後が気になる?汚れや劣化の対策方法を解説

query_builder 2024/07/08
お知らせ

漆喰外壁の家に住んでいるあなたは、10年後のメンテナンスについて不安を感じているかもしれません。
美しい漆喰外壁は、年月とともに汚れや劣化が起こり、その対策方法が気になる方も多いのではないでしょうか。
この記事では、漆喰外壁の10年後の状態を具体的に解説し、汚れや劣化を防ぐための適切な対策方法を紹介します。

□漆喰外壁の10年後ってどうなるの?

漆喰外壁は、100年以上もつといわれています。
これは、漆喰が空気中の二酸化炭素を吸収することで固くなり、時間が経つにつれて強固になるためです。
しかし、メンテナンスフリーで100年もの間もつわけではありません。
施工から約10年程度で、漆喰外壁の汚れ、ヒビや剥がれ、変色などが見られる場合があります。

1: 汚れ
汚れは、雨だれやホコリ、排気ガスなどによって発生します。
特に、雨だれの跡は、漆喰に染み込みやすく、目立ちやすいです。

2: ヒビや剥がれ
ヒビや剥がれは、地震や温度変化、乾燥などによって発生します。
漆喰は、水分を吸収しやすい素材であるため、乾燥すると収縮し、ヒビが入ることがあります。

3: 変色
変色は、紫外線や汚れによって発生します。
漆喰は、紫外線に弱く、日焼けによって変色することがあります。
また、汚れが長期間付着していると、変色することがあります。

□漆喰外壁の汚れや劣化を防ぐための対策

漆喰外壁の汚れや劣化を防ぐためには、定期的なメンテナンスが重要です。

1: 定期的な清掃
汚れを放置すると、漆喰の劣化を早めるため、定期的に清掃を行いましょう。
水洗い、中性洗剤での洗浄、消しゴムや紙やすりを使用するなど、汚れの種類や程度に合わせて適切な方法を選びましょう。

2: 防水塗装
漆喰は、水分に弱いため、防水塗装を施すことで、雨水や湿気から守ることができます。
防水塗装は、塗り替えが必要ですが、漆喰の寿命を延ばす効果があります。

3: ヒビ割れの補修
ヒビ割れは、放置すると、雨水などが浸入し、漆喰の劣化を加速させてしまうため、早めに補修しましょう。
ヒビ割れの補修は、専門業者に依頼するのがおすすめです。

4: 日差し対策
漆喰は、紫外線に弱いため、日差しを遮る対策をしましょう。
日よけを設置したり、植栽を植えるなど、工夫することで、漆喰の変色を防ぐことができます。

□まとめ

漆喰外壁は、美しい見た目と優れた機能性を持ちますが、10年程度で汚れやヒビ割れなどの劣化が見られる場合があります。
定期的なメンテナンスを行うことで、漆喰外壁の美しさを長く保ち、快適な住環境を実現できます。
この記事が、漆喰外壁のメンテナンスについて考えるきっかけになれば幸いです。

記事検索

NEW

  • 外壁塗装の下地処理が重要!その理由と方法を解説

    query_builder 2024/07/16
  • 外壁塗装2色塗りで個性を演出!費用や塗り方、おしゃれなデザイン事例を紹介

    query_builder 2024/07/12
  • 漆喰外壁の10年後が気になる?汚れや劣化の対策方法を解説

    query_builder 2024/07/08
  • ALC塗装のメリットとは?外壁材選びの参考にしよう

    query_builder 2024/07/04
  • 美観と耐久性を兼ね備える!サイディング塗装の色と最適塗料選び

    query_builder 2024/07/01

CATEGORY

ARCHIVE