外壁に発生するチョーキング現象の落とし方とは?解説します!

query_builder 2024/04/20
お知らせ

自宅を大切にする家主にとって、外壁のメンテナンスは欠かせない課題です。
特にDIYに興味がある方なら、外壁のチョーキング現象に自分で対応することに意義を見出すかもしれません。
チョーキングとは、外壁の塗膜が劣化し、手で触れると白い粉が付着する現象のこと。
この記事では、その原因と特徴や自分でできる効果的な落とし方を具体的に解説します。

□外壁チョーキング現象の見分け方

外壁チョーキング現象は、見た目や触感で判断できる特徴があります。
まず、外壁に手を触れたとき、チョークの粉のようなものが手に付着するのが一般的です。
これは白亜化現象とも呼ばれ、塗膜の劣化が主な原因です。
色の変化もポイントで、ベージュやグレーなど、外壁の色によって異なる場合があります。
ただし、これを単純な汚れと勘違いしやすいため、疑問を感じたら専門家に確認を依頼することが大切です。

また、外壁が濡れた際に色が変わることも、チョーキング現象のサインです。
これは塗料の性能が低下している証拠であり、見過ごさず対処する必要があります。

1:外壁に触れた時の粉の付着

手で触ると、チョークのような粉が手に付きます。
これは外壁塗膜の劣化が進んでいる証拠であり、色は外壁の色によって異なります。

2:濡れた際の外壁の変色

外壁が濡れたときに色が変わる現象も、チョーキングの典型的な特徴です。
これは塗膜の性能が低下していることを示しています。

*原因

主に雨水や紫外線の影響で塗料が劣化することや、外壁塗装の施工不良が挙げられます。
特に紫外線や排気ガスなどが直接当たりやすい箇所は、チョーキング現象が発生しやすいといえるでしょう。

□チョーキング対策!効果的な落とし方

チョーキング現象に対処するには、劣化した塗膜を除去し、新たに塗装を行うのが最善の方法です。
まずは、高圧洗浄機を使って外壁を入念に洗浄することから始めます。
このとき、チョーキングによる粉が完全に除去されないと、塗装時にムラが生じたり、塗膜が剥がれやすくなったりする可能性があります。

1:高圧洗浄による外壁の洗浄

チョーキングを効果的に除去するためには、高圧洗浄機を用いて外壁を洗浄します。
ただし、ジョイント部分のように水が浸入しやすい箇所は特に注意が必要です。

2:塗装の前処理としての下塗り
再塗装時には、下塗りを行うことで塗料の密着を高め、塗装の持続性を向上させます。
これにより、外壁の美観と機能を長期間維持できます。

実際に塗装を行う前には、外壁の状態をしっかりと確認し、必要に応じて専門家に相談することが重要です。

□まとめ

外壁のチョーキング現象は、見た目にも触感にも特徴があり、主に塗膜の劣化によって発生します。
効果的な対処法としては、高圧洗浄による徹底的な洗浄と、新たな塗装の施工が挙げられます。
自宅のメンテナンスに前向きな家主であれば、これらの知識を活用して、自宅の美観と機能を長期間守り続けられるでしょう。

記事検索

NEW

  • サイディング外壁施工の選択ガイド:方法と材料で理想の家を

    query_builder 2024/05/24
  • 屋根修理と保証期間:あなたの家を守る知識

    query_builder 2024/05/20
  • サイディング工事のA to Z:方法と選び方で失敗しない外壁リフォーム

    query_builder 2024/05/16
  • 軒天の見た目と機能性を高める!プリント合板の魅力と施工法

    query_builder 2024/05/12
  • サイディング目地カバーで家を守る!劣化防止とメンテナンスのポイント

    query_builder 2024/05/08

CATEGORY

ARCHIVE