金属サイディングの全貌:メリットとデメリットを徹底解説

query_builder 2024/02/12
お知らせ
住宅リフォームや新築を計画中のあなたは、品質とコストパフォーマンスにこだわりを持っていることでしょう。
今日は、そんなあなたのために金属サイディングに焦点を当て、そのメリットとデメリットを深掘りします。
この記事を通じて、金属サイディングを選択する際の賢い判断材料を提供します。

□金属サイディングのメリットとは?

1: 高い断熱性
金属サイディングは、その驚異的な断熱性で知られています。
表面にメッキ塗装を施した鋼板と断熱材の芯材を使用しているため、他の外壁材に比べて5〜6倍、モルタル外壁と比較してなんと50倍の断熱性を誇ります。
この特性により、年間を通じて家の中を快適な温度に保つことが可能です。

2: コスパに優れる
金属サイディングの重量は、窯業系サイディングの約4分の1、モルタル外壁の約10分の1に過ぎません。
この軽さが工期の短縮につながり、結果としてコスパを大幅に向上させます。

3: 耐震性に優れる
軽量であることから、金属サイディングは建物の基礎や柱、壁などへの負担が少なく、地震発生時の建物倒壊リスクを軽減します。

4: 高い防音性
金属サイディングは防音性にも優れています。
特に古い外壁の上に重ねて施工するカバー工法では、二重の構造となり、防音効果がさらに高まります。

5: 防水性と凍害への強さ
水分を含みにくい金属サイディングは、防水性に非常に優れています。
そのため、冬場の氷点下の気温でも凍害に対する強さを発揮します。

□金属サイディングの課題点とは?

1: 錆びやすさ
金属サイディングの大きなデメリットは錆びやすさです。
表面の塗膜が剥がれると錆びが発生し、特に雨の多い地域ではこの問題が顕著になります。

2: 傷つきやすさ
金属サイディングは傷がつきやすい素材です。
飛び石などで表面が傷つくと、塗膜が剥がれて金属部分が露出し、錆の原因になります。

3: デザインの幅の低さ
量産される金属サイディングは、窯業系サイディングやモルタルに比べてデザインの自由度が低いことが挙げられます。

□まとめ

金属サイディングは、その高い断熱性、軽量さ、耐震性、防音性、防水性といった圧倒的なメリットを有していますが、錆びやすさ、傷つきやすさ、デザインの自由度が低いといった課題も存在します。
これらの情報を踏まえ、自宅のリフォームや新築の際には、それぞれの環境やニーズに応じて最適な選択を行いましょう。
外壁に関するお悩みは、ぜひ当社にご相談ください。

記事検索

NEW

  • 外壁に発生するチョーキング現象の落とし方とは?解説します!

    query_builder 2024/04/20
  • 白い外壁は汚れが目立ってしまう?目立ちやすい汚れを解説します!

    query_builder 2024/04/16
  • コンクリート打ちっぱなしの塀は魅力的なの?メリットデメリットを解説!

    query_builder 2024/04/12
  • 外観のポイントは破風板にあり!色の選び方を知ろう!

    query_builder 2024/04/08
  • 服にペンキがついた時の落とし方とは?解説します!

    query_builder 2024/04/04

CATEGORY

ARCHIVE