外壁にカビが生える原因は?対処法もご紹介!

query_builder 2023/12/02
お知らせ
「外壁にカビが生えてしまったが、何が原因なんだろう」
「外壁のカビをどうにかしたい」
住まいの外壁にカビが生えてしまうと、見た目の美しさが大きく損なわれてしまい、さらには耐久性や機能の面でも建物に悪影響が及ぶおそれが生じます。
そのため、外壁にカビが生えた場合は、早急に対処する必要があります。

今回は、そんな外壁にカビが生える原因と対処法についてご紹介します。
原因と対処法の両方を知り、最適な選択をしましょう。

□外壁にカビが生える原因とは?

1.湿気が多い

カビは菌類の一員で、胞子を飛ばして繁殖します。
胞子は空気中に常在し、適切な環境を見つけると成長を始めます。
外壁は、カビの胞子が着床しやすい場所となっており、特に高温多湿の環境や雨水が残りやすい場所は、カビの繁殖にうってつけです。
つまり、湿気が多いことは、カビが生える原因の1つになっているのです。

2.家の構造がカビの繁殖に適した条件になっている

外壁に凹凸がある場合や、ひび割れが生じている場合、カビの胞子が付着しやすくなります。
風通しが悪い場所や日当たりが悪い場所、周囲に植物が多い場所は、湿度が高くなりやすく、カビの繁殖を促進します。
特に北向きの壁や湿気の多い場所に建てられた家は、カビが生えやすい条件を備えています。

□外壁にカビが生えたときの対処法

*プロフェッショナルによるカビ除去

外壁に生えたカビは、専門の塗装会社に依頼して高圧洗浄で除去することが一般的です。
この高圧洗浄は、塗装リフォームの一環としても行われるため、外壁の色あせや劣化が進んでいる場合は、カビ除去と塗装リフォームを一緒に行うと効果的です。

ただし、高圧洗浄だけでは根本的な解決にはならない場合もあります。

*バイオ洗浄の活用

カビの菌糸が外壁内部にまで達している場合、バイオ洗浄と呼ばれる薬剤を使った洗浄が効果的です。
バイオ洗浄での洗浄は費用が高いですが、再発防止には非常に有効です。

ただし、薬剤は周囲の植物にも影響を与える可能性があります。
そのため、使用する際は周囲の環境にも配慮が必要になります。

*自分でカビを除去する

初期段階でのカビは、柔らかいスポンジと水を使って自分で除去できます。
この際、皮膚や目にカビが付着しないよう、適切な保護具を着用することが重要です。
また、強力な洗剤や硬いスポンジを使用すると、外壁を傷つける可能性があるため、注意が必要です。

□まとめ

今回は、外壁にカビが生える原因と対処法についてご紹介しました。
高温多湿の環境はカビの繁殖にとって有利な環境であるため、外壁付近がそのような環境になっている場合は注意が必要です。
万が一カビが生えてしまった場合、特に深いカビが生えてしまったという場合は、早めに当社のようなプロに相談して、カビを除去するとともに再発防止に努めましょう。

記事検索

NEW

  • 外壁の色で差をつける!2024年人気カラーと選び方の極意

    query_builder 2024/02/20
  • 塗装工事の耐用年数は?長持ちさせる塗料選びとメンテナンスのコツ

    query_builder 2024/02/16
  • 金属サイディングの全貌:メリットとデメリットを徹底解説

    query_builder 2024/02/12
  • 無機塗料とは?その耐久性とコスト効率を解き明かします

    query_builder 2024/02/08
  • 外壁塗装をしないとどうなる?住まいのリスクと対策法

    query_builder 2024/02/04

CATEGORY

ARCHIVE