汚れが目立たない外壁はどんな色?汚れが目立ちやすい色は?

query_builder 2023/11/24
お知らせ
外壁塗装をするなら、汚れが目立たない海壁にしたいですよね。
外壁は家の外観の印象を最も左右する部分であり、外壁が汚れているかどうかで家全体のイメージが大きく変わります。
そのため、外壁の色選びを行う際は、汚れにくい色を選ぶことが大きなポイントとなります。
今回は、そんな外壁の色について、汚れにくい色と汚れやすい色をご紹介します。

□汚れが目立たない外壁の色は?

1.グレー

グレーは外壁塗装において「万能カラー」とも呼ばれる色です。
コケ、カビ、排気ガス、埃といった多様な汚れがこの色では目立ちにくいのです。
都市部での排気ガスや田舎での土埃にも対応しており、落ち着いた印象を与えるため、多くの人々に選ばれています。

2.アイボリー・ベージュ

特に土埃や砂埃、排気ガスによる汚れに強いのが、アイボリーやベージュといった淡い色です。
汚れと一体化しやすく、汚れが付着しても目立たせません。
温かみと柔らかさを感じさせる色で、自然環境にも調和します。

3.ブラウン

ブラウンは特に赤土が多い地域で有効です。
この色は土埃や砂埃による汚れを効果的にカモフラージュします。
自然と調和しながらも重厚感を演出する色です。

4.グリーン

湿気の多い地域では、藻やコケによる汚れが見られます。
これらの汚れはグリーンの外壁ではほとんど目立ちません。
特に海沿いや湖畔の家には最適な色と言えるでしょう。
自然と一体となるような落ち着きとリラックス感を与えます。

□汚れが目立ちやすい色は?

1.ホワイト

ホワイトは清潔感がありますが、汚れや劣化が非常に目立つ色です。
そのため、真っ白ではなくオフホワイトを選ぶことが推奨されます。
また、ホワイトは付帯部分での使用がおすすめです。

2.ブラック

ブラックは一見クールで洗練されていますが、黄砂やカビによる汚れが非常に目立つ色でもあります。
特に黄砂は季節によっては避けられないため、ブラックの選択には慎重さが求められます。

3.レッド

レッドは活気と情熱を感じさせる色ですが、粉塵や黄砂による汚れが非常に目立ちます。
また、紫外線による色あせも懸念されるため、原色に近い赤よりも朱色や真紅がおすすめです。

4.ブルー

ブルーは自由と開放感を象徴する色ですが、粉塵や黄砂による汚れが目立つというデメリットがあります。
特に化学染料の影響で紫外線による色あせが起きやすいため、注意が必要です。

□まとめ

今回は、汚れにくい外壁の色と汚れやすい外壁の色をご紹介しました。
「常にきれいな外壁を保ちたい」「あまり外壁の手入れに手間をかけたくない」
このような方は、グレーやアイボリー、ベージュなどの汚れが目立ちにくい色を選ぶと良いでしょう。

汚れが目立ちやすい色を選ぶ場合は、汚れが付着しにくい塗料を選ぶといったように何らかの工夫をすることをおすすめします。
汚れやすさ・汚れにくさにも注意しつつ、理想の外壁を目指しましょう。

記事検索

NEW

  • 外壁の色で差をつける!2024年人気カラーと選び方の極意

    query_builder 2024/02/20
  • 塗装工事の耐用年数は?長持ちさせる塗料選びとメンテナンスのコツ

    query_builder 2024/02/16
  • 金属サイディングの全貌:メリットとデメリットを徹底解説

    query_builder 2024/02/12
  • 無機塗料とは?その耐久性とコスト効率を解き明かします

    query_builder 2024/02/08
  • 外壁塗装をしないとどうなる?住まいのリスクと対策法

    query_builder 2024/02/04

CATEGORY

ARCHIVE