外壁塗装に欠かせないケレン作業とは?その重要性について解説!

query_builder 2023/10/12
お知らせ
外壁の劣化が気になる方へ。
外壁の補修や塗装を考えている方は、ケレン作業についての知識が必須です。
このケレン作業とは一体何なのでしょうか。
外壁の美観や耐久性を維持するための重要な工程として、多くの専門家がこの作業の重要性を説いています。
今回は、ケレン作業の基本から、その詳細な手法、そしてその重要性について詳しく解説していきます。

□ケレン作業とは?

*基本的な定義

ケレン作業とは、外壁塗装の際に行われる下地処理のことを指します。
この作業は外壁のサビや古い塗装を効果的に取り除くためのもので、外壁塗装の品質を大きく左右する重要な工程となります。

*ケレン作業の目的

ケレン作業の主な目的は、下地を整えることと、塗料の密着性を上げることの2つです。
サビや汚れが残っていると、新しい塗装がうまく密着せず、早く剥がれてしまう可能性があります。
また、ケレン作業を適切に行うことで、塗装の耐久性や美観を向上させられます。

*使用する道具

ケレン作業では、ディスクサンダーという電動工具や、専用のハンマーを使用して作業が行われます。
これらの道具を使用することで、効率的に外壁の下地処理を行うことができます。
特に、ディスクサンダーは円盤型のサンドペーパーを回転させて外壁を研磨するためのもので、ケレン作業においては欠かせない道具となっています。

□ケレン作業の種類

・1種ケレン
1種ケレンは、ブラスト法と呼ばれる方法で行います。
この方法は、金属片が含まれている研磨剤を吹き付けて表面を研磨するもので、一般住宅ではあまり採用されませんが、大型の鉄骨や橋などの補修には適しています。

・2種ケレン
2種ケレンは、サビの範囲が広い場合や、状態が著しく悪い場合に電動工具を使用して行います。
この方法は、既存の塗膜を完全に除去するもので、鉄骨建築の外壁などで主に使用される方法です。

・3種ケレン
3種ケレンは、既存の塗膜を残しつつ、脆弱な部分を電動工具で除去します。
この方法は多くの家庭で採用されています。

・4種ケレン
4種ケレンは、3種ケレンと似ていますが、サンドペーパーを使用して手作業で行います。
外壁の状態が比較的良好な場合に選択される方法で、手間はかかりますが、より丁寧な仕上がりを求める場合にはこの方法が適しています。

□まとめ

ケレン作業は、外壁塗装の際の重要な下地処理として行われるもので、その品質や耐久性を大きく左右します。
外壁の補修や塗装を考えている方は、このケレン作業についての知識をしっかりと持っておくことが大切です。
適切なケレン作業を行うことで、外壁の美観や耐久性を長く保てるのです。

記事検索

NEW

  • サイディング外壁施工の選択ガイド:方法と材料で理想の家を

    query_builder 2024/05/24
  • 屋根修理と保証期間:あなたの家を守る知識

    query_builder 2024/05/20
  • サイディング工事のA to Z:方法と選び方で失敗しない外壁リフォーム

    query_builder 2024/05/16
  • 軒天の見た目と機能性を高める!プリント合板の魅力と施工法

    query_builder 2024/05/12
  • サイディング目地カバーで家を守る!劣化防止とメンテナンスのポイント

    query_builder 2024/05/08

CATEGORY

ARCHIVE